« 梅仕事 | トップページ | 新作入荷! »

しょうが糖

しょうがは料理や香辛料としてのほか、

お菓子やジンジャーシロップなどに使われる万能な食材。

体を温める効果もあって、民間療法としても知られていますね。

 

新しょうがの季節になると、作るのが楽しみなのが

しょうが糖です。

P7172352_800x600

お茶うけにぴったり!

レシピもご参考までに…。

 

 

■しょうが糖のつくり方

新しょうがで作ると色もきれいです。

1、しょうがを2~3mmのうす切りにし、2回ゆでこぼす。

2、ひと晩、水にさらし、ザルにあげて水を切る。

3、しょうがが浸るくらいの水と砂糖(水200ccなら砂糖200gの割合)を鍋に入れ

 煮立たせて、シロップを作る。

4、水を切ったしょうがをシロップに入れ、ひと煮立ちさせ、そのまま冷ます。

5、半日後くらいに、もう一度煮立たせ、平らなザルに1枚ずつ並べ乾かす。

6、生乾きの時にグラニュー糖をまぶしつける。

7、紙の菓子箱などにクッキングペーパーを敷き、パラパラとしょうがを広げ、乾かす。

 (密閉容器はグラニュー糖が溶けるので×)

 

 

ふき、人参、ごぼう、セロリも同じように作りますが、

それぞれ、さっと茹でるだけでOK。その後、シロップで煮ます。

セロリは涼しげで冷茶にもぴったり。

上品な夏の干菓子のようですよ。

 

 

 

玄関先ではルリマツリが咲き始めてます。

P7162342_600x800

|

« 梅仕事 | トップページ | 新作入荷! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅仕事 | トップページ | 新作入荷! »