« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

おひなさま

そろそろ、お雛様の季節ですね。

スーパーなどでも雛あられや菱餅を見かけて、

お雛様を飾ろうか迷う日々です…。

 

 

手軽にお雛様を飾りたい方におススメなのがこちら。

お雛様が描かれた陶板です。

小さなスペースにちょっと飾るだけで、

お雛様の華やかさが出ますよ。

P2223600_800x600 

約13㎝角

   

    
   

他にも丸皿などいろいろございま~す。

P2223603_800x600

 

 

紙塑人形のおひなさま。

P2223602_600x800

羽子板に施された和紙のおひなさまが

優しく和やかな雰囲気です。

 

 

 

先日の大雪で店から眺めた庭はこんな状態でした…。

P2153597_800x600

モノクロの世界ですね。

 

店内では、金のなる木に花が咲きました~。

P2153598_800x600

可愛らしいピンクの花。

やはり花を見ると気分が明るくなりますね。

春が恋しくなってきましたが、

もう少し冬との付き合いが続きそうですね。

冬の楽しみを考える、今日この頃です。

みなさんの冬の楽しみはなんですか~?

 

| | コメント (0)

徳利とお猪口

今年は雪が少ないな~、なんて思っていたら

ドカッと来ましたね!

せっせと雪かきしたせいか、腕が足が筋肉痛です…。

 

こんな冬らしい冷える夜は日本酒を嗜む方も多いのでは?

久しぶりに徳利&お猪口のご紹介です。

P1193449_800x600

信楽の新作。

シンプルな白に土の風合いが素敵です。

 

 

こちらは有田焼の白磁。

P1193447_800x600

小ぶりで洒落た上品な雰囲気です。

 

 

 

お次は美濃焼。  

P1193448_800x600

温かみのある色合い。

手にしっくりと馴染みそうですね。

 

ご自分用に、贈り物にいかがですか?

皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0)

水キムチ

先日、新聞に載っていた「和風水キムチ」が美味しそうだったので、

早速作ってみました。

P2023569_800x600

漬け汁に切った野菜を入れて、

2~3時間置くだけというシンプルなもの。

冬野菜がたっぷり取れて、野菜の旨みもそのまま。

ピリッと辛くてさっぱりとして、ぱくぱく食べてしまいました。

 

以下、レシピです。(朝日新聞より。藤井恵さんのレシピです)

【材料(作りやすい分量)】

 カブ・白菜 合わせて700グラム

 塩     小さじ4

 昆布    5センチ

 ゆず    スライス3枚

 しょうが  1片

 はちみつ 大さじ3

 酢     大さじ2

 水     3カップ

 赤唐辛子 3本

 

【作り方】

①カブは皮をむき、くし形に切る。白菜は3㎝角に切る。

 しょうがは薄切り。赤唐辛子は種を取る。

②容器に塩、酢、はちみつを入れ、水を加えて溶かす。

 昆布、ゆず、しょうが、赤唐辛子、カブ、白菜を加え、

 ざっくり混ぜる。

③時々混ぜて、2~3時間漬ける。

 

大根、人参、小松菜などもおいしいそうですよ。

ぜひ、お試しを~。

| | コメント (0)

お菓子作り教室~2月編終了~

2月のお菓子作り教室、無事終了いたしました。

今回は、桜もちと道明寺の桜もちの2種類を作りました。

どちらもひとくちサイズの小さな桜もちです。

 

まずはあんこをコロコロと丸めます。

P2013557_800x600

 

電子レンジで蒸した道明寺を個数分に分けて、

P2013548_800x600   

 

あんこを包んで形を整え、桜の葉で巻いて完成~!

P2013554_800x600

 

 

続いては皮で巻く桜もち。

まず、小麦粉と白玉粉入りの生地をフライパンで焼きます。

P2013560_800x600

 

楕円形にすると巻きやすいです。

キレイに焼けてますね。

P2013562_800x600

この皮で丸めたあんこをくるっと巻いて

桜の葉を巻けば出来上がりです。

 

 

最後はお楽しみの試食です。

P2013563_800x600

「桜の葉の塩気が美味しい~」、と

皆さん喜んでいただいたようでした。

あんこもぜひご自宅で作ってみてくださいね。

 

参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

楽しい美味しい時間を過ごせました。

 

 

来月もお菓子つくり教室を予定しています。

簡単にできる和風のお菓子作り。

興味のある方はお気軽にご参加くださいませ。

 

 

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »